トップページ > 国際線 > 液体物持込制限について

液体物持込制限について

福岡発国際線航空機客室内への液体物持込制限について

国土交通省の指示により、2007年3月1日(木)より福岡空港を出発する国際線航空機内客室への液体物の持込は、出国手続きの後の免税店などの店舗で購入されたものを除き、以下の通り制限されています。

対象

福岡空港を出発する国際線全便(到着便は対象外)
機内持込手荷物(スーツケース等受託手荷物は対象外)

持込制限ルール

100mlを超える、あらゆる液体物※1 の客室内への持込は禁止です。
ただし、以下の物品の持込は可能です。

・100ml以下の容器に入った液体物(但し、ライター用充填ガス等の機内持込禁止品は除く)で、容量1リットル以下のジッパーのついた再封可能な透明プラスチック製袋に余裕をもって入れられている場合(写真参照)。

・医薬品※2、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等
seigen

※1【あらゆる液体物】には、ジェル類(歯磨き粉、ヘアジェル等)、エアゾール、スプレー類も含まれます。詳細は国土交通省HPをご参照ください。

※2処方箋等、機内での必要性について照会を求める場合がございます。

・お客様1人あたりのプラスチック製袋の数は1つのみです。持込にご利用できるプラスチック製袋のサイズの目安は、縦20cm以下×横20cm以下です。プラスチック製袋はお客様ご自身でご用意していただくようお願いいたします。

・出国手続き後の免税店等の店舗で購入されたお酒、化粧品類等の液体物は、上記の制限にかかわらず機内へ持ち込み可能です。


・福岡空港の国際線から出発し、海外の空港で乗り継ぎされるお客さまも、免税店で購入された液体商品に限り、不正開封防止袋(STEBs)に封入することで、100mlを超える液体物であっても放棄することなく目的地の空港までお持ちいただけます。


≪STEBsご利用時の注意≫

 ■STEBsを導入していない国・地域の空港で乗り継ぎされる場合は、現地保安検査の際に液体物の
  放棄を求められるため、免税店ではSTEBsの使用をおすすめしておりません。


 ■乗り継ぎ先の空港でSTEBsが導入されているかどうかなど、詳細につきましては購入時に免税店
  スタッフにお尋ねください。


 ■STEBsが導入されている空港であっても、急な国際情勢の変化、現地保安検査員の判断、最終到着地
  の規制等の理由により、乗り継ぎの際の保安検査で液体物の放棄を求められる場合がございます。
  あらかじめご了承ください。


・手荷物検査の効率化を図るため、上記プラスチック製袋およびラップトップコンピューター(ノートパソコン)等電子機器類はお荷物から取り出し、それぞれ個々に検査員にご提示ください。また、コート、ジャケット等上着類は検査場にて他の手荷物とは別に検査いたします。事前にご用意の上検査員にご提示いただき、X線検査をさせていただきます。

・受託手荷物に液体物を入れることは可能ですが、一部ワレモノ等お預かりできない場合がございます。航空会社により持込めるものが異なりますので、ご利用になる航空会社にお問合せください。

・予告なしに規制の内容が変更される場合がございます。最新情報は国土交通省ホームページおよびご利用の航空会社にご確認ください。